2020年3月13日(金)よりホームページのリニューアルにも利用できる「小規模事業者持続化補助金」の応募がスタートします。原則50万円を上限に補助金(補助率:2/3)と補助率の高い補助金となっています。ホームページのリニューアルを検討されているようであれば、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか?

小規模事業者持続化補助金の概要

補助対象者

  • 会社および会社に準ずる営利法人(株式会社、合名会社、合資会社、合同会社、特例有限会社、企業組合・協業組合)
    ※常時使用する従業員の数が20人以下の企業が対象。
  • 個人事業主(商工業者)
    ※医師、歯科医師、助産師、系統出荷による収入のみである個人農業者は非該当。

上記いずれかであること。申請締め切り日前10ヶ月以内に、当補助金の採択決定及び交付決定を受けた事業者は対象外となります。

補助上限額

原則 50万円
※認定市区町村による特定創業支援等事業の支援を受けた事業者は、補助上限額が100万円
※複数の小規模事業者等が連携して取り組む共同事業の場合は、補助上限額が「1事業者あたりの補助上限額×連携小規模事業者等の数」の金額(但し、全体で500万円が上限)

補助率

2/3以内

公募スケジュール(予定)

  • 申込み受付開始:2020年3月13日(金)
  • 第1回受付締切:2020年3月31日(火)
  • 第2回受付締切:2020年6月5日(金)
  • 第3回受付締切:2020年10月2日(金)
  • 第4回受付締切:2021年2月5日(金)
  • 第5回受付締切以降(2021年度以降)については、今後、改めてご案内

対象となる事業

以下のいずれにも該当すること。

  1. 経営計画に基づいて実施する、地道な販路開拓等のための取り組みであること。あるいは、販路開拓等の取組とあわせて行う業務効率化(生産性向上)のための取組であること。
  2. 商工会議所/商工会の支援を受けながら取り組む事業であること 等

補助対象経費

「販路開拓(または生産性向上)の取り組み」を実施したことに要する、以下の費用の支出。
機械装置費、広報費、展示会出展費、旅費 開発費、資料購入費、雑役務費、借料、専門家謝金、専門家旅費、設備処分費、委託費、外注費

採択審査時の政策的加点

以下に該当する場合で一定の条件に適合することが条件となります。

  • 新型コロナウィルス感染症に起因して影響をうけた事業者
  • 賃上げ等に積極的に取り組んでいる事業者
  • 代表者が60歳以上で、後継者候補が中心となり事業承継に取組む事業者
  • 経営力向上計画に認定されている事業者

 

補助金の取得サポート

①無償サポート

自社のホームページを新規作成・リニューアルする方を対象に、補助金を取得するための情報提供や、補助金取得のためのアドバイスなど、弊社スタッフが行います。

②有償サポート

自社のホームページを新規作成・リニューアルする方を対象に、補助金取得の専門家が情報提供だけでなく、申請書類作成など、補助金を採択するまで成果報酬でサポートいたします。料金についてはお問合せください。

お問合せはこちら