Webサイト(ホームページ)のアクセスアップ手法

多くの企業がWebサイトを新規制作(リニューアル)する際の投資は積極的に行いますが、運営に関する投資には消極的となります。弊社では新規制作(リニューアル)以上に運営に投資するほうが投資対効果が高いと考え、様々な分野の企業のご支援を行ってまいりました。

その中で培ったWebサイトのアクセスアップ手法について、どの企業でも実践できる最低限やっておきたい分析と改善手法についてご紹介します。

アクセス数を増やすための分析と改善手法

アクセス数を増やすためにはSEO対策を行い、狙っているキーワードの検索順位を上げることが最も効果的です。ただし、やみくもに更新を行っても非効率なので、下記手順に従い、Webサイトのアクセス分析を行った上で効果的な更新を行っていきます。

ターゲットキーワードの検索順位を確認

Search Consoleを使い、狙っているキーワードの検索順位を確認します。Search ConsoleをWebサイトに導入していない方は、下記記事を参照の上導入を進めてください(弊社運営メディア「モノカク」の記事へリンクします)。
参照記事:Googleサーチコンソールって何?何に使うの?

Search Consoleの検索パフォーマンスを見ると、Webサイトにどのようなキーワードでアクセスがあるのかを見ることができます。まずは、狙っているキーワードの検索順位をチェックしていきましょう。

検索順位が順調に上がっている場合

キーワードの検索順位が順調に上がっている場合は、これ以上SEO対策を頑張ってもアクセス数がアップする効果が期待できないので、次ステップの「アクセスキーワードから新しい市場を発見する」を行ってみてください。

検索順位が順調に上がっていない場合

次に検索順位が上がっていない場合ですが、まずはどのページをSEO対策するのかが効果的かを調べるために、該当キーワードでランディングしているページ(該当キーワードで検索した際に検索結果に表示されているページ)をチェックします。

チェック方法は、キーワードをクリックし「クエリ」の表示を「ページ」に切り替えます。そうすると、URLが表示されますので、どのページがランディングページとなっているのかが分かります。

ランディングページが分かったら、そのページに集中してコンテンツを追加していきます。この際に「ユーザが求めているコンテンツ」を多く増やしていったほうがSEO効果があります。ユーザが求めている情報とは何かを下記方法を使い調べていきましょう。

キーワードプランナーの関連キーワードを調べる

Googleが提供する「キーワードプランナー」には、キーワードの検索需要に加え、該当キーワードと関連性の高いキーワード(キーフレーズ)を紹介してくれます。これらのキーワード(キーフレーズ)に関わるコンテンツをWebページに掲載することで、該当キーワードの検索順位も上がりやすくなります。

検索結果に表示されるサジェストキーワードを調べる

Googleでキーワード検索すると最下部に「〇〇に関連する検索キーワード」というものが表示されます。これはいわゆる「サジェストキーワード」というもので、検索キーワード+どのようなキーワードで他のユーザは検索する傾向がある、ということを検索エンジンが教えてくれるものです。サジェストキーワードにはユーザの検索意図(何を知りたいのか)が表れるので、どのようなコンテンツを掲載すべきかの良い材料となります。

対策キーワードで上位表示している他社サイトを調べる

該当キーワードで検索した際に上位表示されているWebサイトがどのようなコンテンツを掲載しているか参考にしてください。この際に留意するポイントは下記となります。

  • 情報をコピペするなど、他社サイトのコンテンツを盗むようなことは絶対にしない
  • 上位表示しているWebページの特性(タイプ)を掴む(※1)
  • どのぐらいのコンテンツ量(テキストの文字数)を掲載しているのかを把握する

注意点として、広告スペースに表示されているWebサイトはSEOとは無関係なので、自然検索スペースに表示されているWebサイトの内容を参考にしてください。1ページ目に表示されているWebサイトには一通り目を通すと良いでしょう。

※1)Webページの特性(タイプ)には、キーワードを解説する情報が多く載っている「知識系ページ」、キーワードに関する専門家が解説している「権威系ページ」、キーワードに関わりの深い業者などを紹介する「まとめ系ページ」など、キーワードによりどのタイプのWebページが上位表示されやすいかが異なります。

その他、やるべき基本的な改修について

質の高いコンテンツが掲載されていても下記が出来ていないと検索エンジンに評価されづらくなりますので、基本的な改修事項として抑えておきましょう。

  • METAタグ(タイトルと説明文)は正しく入っているか
  • Hタグの正しい利用ができているか
  • 画像にALTが入っているか。

アクセスキーワードから新しい市場を発見する

Search Consoleの検索クエリを確認していると、様々な発見があります。その発見を通じて新しい市場を見出すことで、さらなるアクセスアップの可能性が出てきます。具体的には下記のような発見が期待できます。

異分野ターゲットの使用キーワードを発見

狙っていたキーワードと同じ意味だが、業界や分野が変わることによってその呼ばれ方が違う場合があります。このような関連性が高いが呼び方が異なるキーワードをGoogleがうまく解釈して検索表示してくれることがあります。このようなキーワードを発見することで隣接する市場の開拓につながったりします。

想定外のキーワードによるアクセスを発見

全く想定していなかったキーワードによるアクセスを発見することで、想定していなかった分野への市場開拓の可能性が出てきます。特に利用用途の幅広い技術などでは想定外のキーワードから市場が広がるケースが多々あります。

上述した2つの発見について、なかなかイメージが沸かないという方もいらっしゃると思いますので、弊社が支援しているお客様のWebサイトで実際に行った3つの改善事例をご紹介します。

例①:超音波はんだ技術のアルミ接合への活用

超音波はんだ技術をPRするためのWebサイトを立ち上げたR社は、同技術の異素材を接合することができる点を一番の強みだと考え、硝子と金属の接合ができることを全面に押し出してPRしていましたが、この分野は利用用途が少なくアクセスの増加もいまいちでした。
そんな中、Search Consoleのデータを分析していると、アルミと関連性の高いキーワードによるアクセスが多いことが分かりました。さらに調べてみると、アルミ同士の接合は難易度が高く困っている技術者が多いことが分かり、この分野にターゲットを絞ったページを追加することでアクセスアップに繋げることができました。

例②:発泡スチロール加工技術の工業分野への応用

発泡スチロール加工技術をPRするためのWebサイトを立ち上げたD社は、イベントで使用する企業の文字やロゴオブジェといった、発泡スチロールの加工性と軽さを活かした分野へのPRを中心に行っていました。
そんな中、たまたま問合せのあった工業系のお客様からのオーダーを受注することをきっかけに、Search Consoleのデータを見返したところ、僅かながら工業系のユーザが探しているであろうキーワードを発見することができました。
発泡スチロールの工業用途を調べてみると、治具での活用が行われていたり、EMC測定現場で干渉しない材料として利用されているなど、様々な用途が見つかりました。そこで、工業系のユーザからアクセスを獲得するためのページを作成しアクセスアップを図りました。

例③:時代によって成長する市場を開拓

吸音材を扱っているA社では、オフィス、教育現場、飲食店を中心に吸音対策をソリューションとして提供していました。もともと需要の多かったオフィス分野ですが、Search Consoleを念入りに調べてみると、会議室での反響音対策に対する需要が強まっているように感じました。
調べてみると、TV会議システムの普及により会議室内での反響音を気にする会社が増えていることが分かりました。そこで、会議室内でのTV会議システムの音声がクリアになることを訴えることでアクセスアップに繋げることができました。

以上、どこの会社でも行えるアクセスアップの手法を中心にご紹介させていただきました。個人的には技術系の企業であれば、やはり自社の技術を違った用途に広げていくといったところがWebマーケティングの醍醐味であると考えています。そのような展開をお考えの企業様がいらっしゃれば、ぜひお気軽にご相談いただければと思います。